ラクトフェリンとは?乳酸菌とどう違う?

ラクトフェリンとは?乳酸菌とどう違う?

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは1939年にはじめて発見されました。糖たんぱく質の一種で、母乳に多く含まれていることがわかっています。人だけでなく哺乳類の乳全般に含まれ、初乳を通し赤ちゃんに免疫力を受けわたす働きがあります。

 

感染予防に

ラクトフェリンは鉄と結びつきやすく、鉄と結合すると赤くなります。そのことから「赤いたんぱく質」とも呼ばれています。鉄と結合するのは細菌などの微生物も同じ性質を持つため、ラクトフェリンを摂取すると細菌が生育する環境を奪い抗菌作用が得られます。

 

牛乳から抽出

牛乳を原料として作られるものが多く、ヨーグルトや牛乳などに加えるラクトフェリンや、サプリメントに配合されている商品なども売られています。食品からラクトフェリンを抽出しているため、副作用が無く安全性の高い食品として活用されています。粉ミルクにも添加されており、赤ちゃんの健康管理にも役立てられています。

 

様々な病気対策に

以前は抗菌作用により感染症予防が主な働きだと考えられていましたが、数々の研究により多くの病気に効果が得られることがわかってきました。そのなかでも注目されるのががん治療への利用で、欧米をはじめとする国でも研究が行われています。

乳酸菌との違い

ラクトフェリンは糖たんぱく質、乳酸菌は細菌類のことです。ラクトフェリンは母乳に含まれる栄養素のひとつで、鉄と結びつき抗菌性をもたらしたり、免疫力アップや抗酸化作用により病気を防ぐ働きがあります。乳酸菌は人の消化器官にも存在する菌のことで、善玉菌の特徴を持ちます。

 

相乗効果が高まる

それぞれ違う性質を持つ物質ですが、ラクトフェリンと乳酸菌は一緒に摂ると相乗効果が高まります。どちらも腸内環境を整える働きがあるためで、ラクトフェリンが悪玉菌を減らし、乳酸菌が善玉菌を増やす働きが得られます。そのためサプリメントなどでも、ラクトフェリンと乳酸菌を組み合わせたものが多く見られています。

 

ヨーグルトに配合されているものも

ラクトフェリンは乳酸菌と相性が良くなっていますから、ヨーグルトに添加した商品も見られています。ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれており、そこにラクトフェリンを加える方法は相乗効果を高めよい効果をもたらすといえます。乳製品に入れた商品で代表的なのが、森永乳業のヨーグルトや牛乳などの乳製品でしょう。

 

便秘がちな方におすすめ

ラクトフェリンと乳酸菌を組み合わせる方法は、腸にある悪玉菌を減らしよい腸内フローラを形成できるため、便秘がちな方におすすめです。

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンの効果は、現代に見られる病気の予防効果があるのが特徴です。がんをはじめ、アレルギー疾患や生活習慣病も防ぐ働きがあるため、食生活や生活習慣が乱れがちな方にこそおすすめできます。

 

ウイルス予防に

風邪の原因となる細菌やウイルス予防に役立てられます。ラクトフェリンは鉄と結びつくことで抗菌性が生まれるため、定期的に摂取しておけばウイルスに打ち勝つ体をつくることができます。風邪をよくひく子ども、虚弱体質の方、病後の感染症予防として、高齢者の風邪予防にもおすすめします。

 

抗炎症効果

ラクトフェリンは体内で起きる炎症にも効果があります。感染症による炎症を抑えたり、がんの発生原因となる内臓の炎症なども防いでくれます。炎症性の病気によくかかりやすい方は、免疫力が低下して抗炎症作用が弱くなっているのです。そのような方はラクトフェリンを毎日服用し予防しましょう。

 

がん細胞の抑制

ラクトフェリンはがん細胞抑制の研究が行われています。大きくなった腫瘍を小さくする作用は弱いものの、予防効果は高いと考えられています。がんは誰でもできているといいますから、抑制効果が高くなれば腫瘍は大きくなることはありません。

 

注目のラクトフェリンの効果とは

関連サイト

ラクトフェリンの抗菌・抗ウイルス作用のメカニズム・・・ラクトフェリンには抗菌・抗ウイルス作用があります。私たちの生活は目に見えない細菌で溢れています。目に見えないからこそ、それらの細菌やウイルスを撃退することが大切となります。
ラクトフェリンサプリ・・・ラクトフェリンサプリの選び方、徹底比較、ランキング、体験レポートなどラクトフェリンサプリを試してみたいと思っている人にとって知りたい情報満載のサイトです。

赤ちゃんを守る

ラクトフェリンは初乳に多く含まれ、母乳を通し長い期間、母体から免疫力を受け取ることができます。生まれたての赤ちゃんは母体から抗体を受け取りますが、それだけでは万全ではなく、母乳に免疫力が高いラクトフェリンを含めることで赤ちゃんを守っているのです。

 

完全母乳は大切

生まれたての赤ちゃんはお母さんからの抗体を受け取るものの、まだ免疫力は未成熟です。それを補助するのが母乳に含まれるラクトフェリンで、乳幼児が病原菌の感染症を防ぐ働きを持つまで、母乳にてラクトフェリンを与え続けます。生後1歳前後まで完全母乳で育てることは赤ちゃんにとって大切なことで、細菌やウイルスから守る働きを果たしています。

 

脳内に働く

ラクトフェリンは鎮痛効果があることがわかっています。母乳に含ませることで赤ちゃんお精神的リラックス効果をもたらし、心が安定した状態になります。お母さんが赤ちゃんを抱くとリラックスするといわれますが、母乳に含まれるラクトフェリンこそが脳に働いているのです。

 

副作用が無い

もともと母乳に含まれているため、赤ちゃんにとっても副作用が無く安心して利用できる成分です。薬のような副作用はなく、自然にできるもののため、赤ちゃんにも優しくなっています。

 

ラクトフェリンを徹底調査!

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ