続けることが大切

ラクトフェリンとは?乳酸菌とどう違う?

続けることが大切

乳酸菌も腸内環境を良くするために続けることが大切なように、ラクトフェリンも続けないと意味がなくなります。服用すると1日ほどで効果を感じますが、完全に効果を失うのは1週間程度です。

 

■ 腸内環境が悪化する
乳酸菌もラクトフェリンも、同じように服用を止めれば、腸内環境が悪化していきます。普段の食生活で問題が無い方は影響が少ないのですが、もともと悪玉菌が増えやすい食生活の方は、1週間ほどでもとに戻ると考えられます。服用するなら1ヶ月や2ヶ月など長期的に続けるのがコツです。途中で止めるなら悪影響を及ぼしていた原因を取り除きましょう。

 

■ 続けても副作用がない
ラクトフェリンの良いところは、長期間続けても副作用が出たり、リバウンド現象が起きないことです。薬で副作用が出るのを防ぎたい方、難病で治療法が確立できていない場合に、無理なく健康効果を得たい方などにおすすめです。ラクトフェリンは難病の治療対策としても注目されており、今後は治療が難しいとされる病気も改善される日もくるかもしれません。

 

■ 定期購入がおすすめ
ラクトフェリンは調子が悪い日だけに飲むものではないため、毎月続けやすい定期購入がおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ